Follow

須賀敦子の『主よ 一羽の鳩のために』を開くと、没後20年に新しく発見された詩であり、初めて目にする詩のはずなのに、すっと水のように馴染んで読んでいる。それは須賀さんが詩に対して、詩を通じてまったく素直に世界に開かれているからなのだろう。わたしがなんども読んだ須賀敦子が、なんのかまえもなくいっそ無防備にここにいる。それは無色透明な水を手渡されたような感覚で、新しい刺激もなく、ただ清らかに喉の乾きが潤うのだ。

· · Web · 0 · 0 · 1
Sign in to participate in the conversation
Bookwor.ms / 本の虫

a Mastodon instance for book lovers.