Show more

三体三部作二作目翻訳がそろそろ出るので、『三体』読み直そうかな。

今日から劉慈欣の「三体」はじめます。文革の話とは聞いていたけど出だしからツラ…

ACMメンバーシップについてるO'Reilly Learning(旧Safari Books Online)購読権、しばらくO'Reillyにログインしてないと無効にされちゃって、acmのサポートにお願いして再有効化してもらわないといかんのね。

そんなに長いこと使ってなかったっけ?と思ったら、最有効化したよーの返信メールに「**デスクトップのWebで**(ここ太字)で、90日に一回はログインすることをお勧め」って書いてあってメガテン

これ読んで「こうやってこういう自動化すればいいのに」っていう意見を書いてる人わりと見るけど、わりと「そういう開発作業が必要」なレベルの話で、要は「それができないのに無理にマイナンバーカード使った」って話には変わりないと思うのだ

Show thread

特別定額給付金でオンライン申請だと大変、ってのは、

「世帯単位給付なのに、個人に紐づいていて、世帯情報と紐づいていないマイナンバーカードを無理に使っている」
「システム的にも、マイナンバーカードの署名利用するだけで、後のチェックは自治体に全部丸投げ(重複申請のチェックすらしていない」

ってことで「マイナンバーカード無理やり使うことにしたやつが悪い」って話だと理解している

役所の人がIT弱い、とかは関係ないと思う。関係あったとしても、圧倒的に小さな理由

このあたりの事情はこの記事が分かりやすかった。市長がnoteに記事を書く時代だ

note.com/politic/n/n445ebc670a

メイン仕事先、6月末までフルリモート継続になった :neko_glasses4:

元々勤務日のうち半分だけオフィスに出てたのだけど、それですらめんどくせえと日々思っていて、フルリモートがこう続くのが実に快適で、戻れる気がしねえ

ケヴィン・ケリーは堺屋さんの翻訳で初めて知ったのだった、あれはいつ頃だったかなあ。

久しぶりにケヴィン・ケリーの文章を翻訳しました!

ケヴィン・ケリーが68歳の誕生日に発表した文章です。老人から若者への忠告という形をとっていますが、味わい深い言葉が多く含まれています。

七左衛門のメモ帳:「68個のお節介な助言」
memo7.sblo.jp/article/18750671

来月に予約してた病院がFaceTime診察になった

思い出すのが堀口大學が四苦八苦したあげく結局落ち着いたトーストの訳語「焼きパン」

ミシンがmachineなのは中学生ぐらいの頃に教わった覚えがあるけど、簿記…!?マジで…!!?

もういっこ思い出した。簿記って "bookkeeping" なんすよ。

Show thread

エールが "yell" だったのにも驚いた覚えがあるけど、ミシンが "machine" だったのには度肝を抜かれましたね。

cheer and yell、みたいな言い方はよく見かける気がする。学生スポーツ応援用語として入ってきたのだと思う。

アマチュア野球の応援時の「エール交換」あたりまではまごうことなくyellなので、その後の換喩がずれてきて違う印象を持ってる人が増えてるのでは、という気もする。

MMFR私家版字幕を作りたい野望が以前からあるのだけど、著作権法的に絶対にどこにも公開できないやつなのでやる気があまり起きないのであった

yellがエールっての知ったときは私もびっくりしましたよ。

英語字幕で英語の映画を観ると、皆が叫んでるシーンで[yelling]とか出るよね。「エールを送っている」わけではない。

Show more
Bookwor.ms / 本の虫

a Mastodon instance for book lovers.す