ふふこさん、いままで膝には上半身しか載せなかったのに、突然ふつうに膝に乗ってきた。もうずっとこうしてますけど? くらいの自然さ。

@takahashim はい、その「まとめて買い取ってくれる」メリットを感じるひとはごく少ないだろうなあというのも予測できますよね。

@takahashim ですよね>今の古本事業は大変。Mericariなどは直接の競合ですよね

(あとバリューブックスは、買い取れなかった本もできるだけ生かそう、としている姿勢を打ち出しているのが好きです)

私の中では暗黙の前提だったので書かなかったのだけど、直接売買の方が当然高く売れる、というのは分かっていて、しかし直接売買は面倒で送料も個別にかかり、しかも売れるかどうかすらわからない。そのあたりのリスクを、(バリューブックスを含む)古書売買の業者は引き受けているので、そこをどう考えるか、ということだよなあと思っています

@takahashim 説明不足でしたが、もちろんそれはそうだろうと思います。バリューブックスはそれをさらに売ってそこから利益を出さなくてはならないはずで。「古本屋の買取としては」高いな!というのが言いたかったことでした。

@skoji うーん、この価格だとmercariの方が高額そうなので、あとは手軽さにいくら払うかみたいな話になりそうだなあ、と思いました

@takahashim 説明不足でしたが、もちろんそれはそうだろうと思います。バリューブックスはそれをさらに売ってそこから利益を出さなくてはならないはずで。「古本屋の買取としては」高いな!というのが言いたかったことでした。

昨晩ライブ帰りに(渋谷クワトロで吾妻光良&ザ・スウィンギン・バッパーズ)久しぶりに渋谷麗郷にいって、枝豆と高菜炒めというものを初めて食べた。高菜って旨味もあるんだなーってなった美味しかった。

バリューブックス高価査定(かもしれない)事例。

例えば2016年に出た『発酵の技法』はかんたん査定によると1800円。

valuebooks.jp/estimate/pricing

台湾のマンゴービール。おいしい。酒感ゼロ。

しかしデジタル化が進んでない時代に生まれたら私は紙に埋もれて右往左往していたのではないかという気がしている…。紙で持たざるを得ないものは昔に比べればずっと少ないんだろうけど、それでも右往左往している

私が整理苦手な理由(の一部)は分かっていて、それは「ものを取ったり置いたりしやすい一等地に、さして使わないものを積んでしまう」なのだ。ときめき以前の話。

洗剤ねえなっつってAmazonで洗剤買ったら部屋からAmazonの段ボールに入った未開封の洗剤でてきてウケる

バリューブックス、ソフトウェア系技術書の査定がめっちゃ高くて心配になるレベルw

電子書籍でも持ってる本、ビジネス系本を中心にバリューブックスへ売る本を一箱選定した。すこしだけ本棚が空き、あっというまに埋まった。

Show more
Bookwor.ms / 本の虫

a Mastodon instance for book lovers.