♪ words are flowing out like endless rain into a paper cup

ごはん炊けるの待てなくて、お味噌汁をオードブルにしてしまった(先にたべた)

Amazonを初めて知った時は「洋書が為替レートプラス送料で買える!!! 」ってだけでめちゃ良かったものだった(Amazoncojpできる前)。日本のAmazonも最初はとてもよいネット本屋だったのだがね。

昔も今も、届いたもののトラブルに対する対応の速さはピカイチだと思う。今はそもそもトラブルが多すぎてあんまり使う気がしないけど。

もともとのネタはユーザを揶揄する意図なのかもしれないけど、こいつらがおとなしく並んでご飯食うわけないじゃん、ユーザのことわかってないね! という解釈も普通にできる

Show thread

実際のユーザーの入力とか操作の下手さには本当にがっかりします

「エンジニアが使いやすい」のと「素人でも使いやすい」の間にはデカすぎる溝がある

そういう値段釣り上げたやつがあるせいで、版元が定価で直接Amazonで売ってるやつが「不当に安い」って止められることがあるって、とある技術書版元のひとがいってた

ア○ゾン 

ちょっとのぞいたら、まだまだ普通に新刊が入手できる本でもすでに絶版価格と思しき高値で出してる出品者がいるんだねえ。中古・新刊問わず。定価で3000円程度のを1万円越えで出してる出品者がいてびっくりした。これは紛らわしいわ。時々版元の「新刊で手に入るから高値で買わないで」というtwを目にすることがあるけど、こういう背景があったのか。

紀伊國屋から本が届いたがなに注文したっけ、と思ったら予約してた大友克洋全集の『童夢』だった。想定すごい。

Show older
Bookwor.ms / 本の虫

a Mastodon instance for book lovers.