Follow

漱石『それから』の書き出し、わりと好き

> 誰か慌たゞしく門前を馳けて行く足音がした時、代助の頭の中には、大きな俎下駄が空から、ぶら下つてゐた。けれども、その俎下駄は、足音の遠退くに従つて、すうと頭から抜け出して消えて仕舞つた。さうして眼が覚めた。

· · Web · 0 · 0 · 3
Sign in to participate in the conversation
Bookwor.ms / 本の虫

a Mastodon instance for book lovers.