Follow

良い記事。

> 筆者にとって「パブリッシングの民主化」とは、自分のなしたことがいつかどこかで誰かを救うかもしれないという、祈りにも似た行為だ。

オープンソースソフトウェア書くのもそうだよな、と思ったら直後に書いてあった

> だが、こうした信仰なしに、筆者はオープンソースのプラグインを公開することはできない。ささやかだけれど、役に立つこと。その矮小さと偉大さを信じることなしに、人はオープンソースのコードを書いたりしない。

capitalp.jp/2019/01/07/a-small

Sign in to participate in the conversation
Bookwor.ms / 本の虫

a Mastodon instance for book lovers.