昨夜は久しぶりに夜更かしをして、あまつさえアイスクリームにチョコソースをかけて食べるなど悪徳の限りを尽くしました。

@skoji わたしも書いたあとに「そんなに飲むかい!」とツッコミました。

500缶ビールを空けたあと、夫とふたりでワインボトル1本空けてしまったけど、酔ったかんじが無い。

今日はお休みの日でしたが、映画館に7時間いたので、すっかり仕事やりきった充実感で花金のビールをあけますね!

案の定、映画を見に行きます。今日は3本の予定。

イランと日本の映画の架け橋として長年活躍されてるショーレさんの記事。ショーレさんは映画祭でもよくお見かけする。それにしても、イランの映画監督がよく小津、溝口、黒澤の名前を出すのは来日時のリップサービスかと思ってたいたけど、ほんとによく見てたんだね、それもこんな理由があったとはw
(記事より引用)
「イラン革命(1979年)のときなんて、テレビでは一日中、黒澤明、小津安二郎、溝口健二の映画を放送していたんですよ。それまでイランで製作されていた商業映画もハリウッド映画も露出が多く、歌や踊りも満載だったが、(イスラムの戒律に反するなどと)上映できなくなってしまった。そこで重宝されていたのが健全な日本映画。なので映画を通してイラン人は日本のことをよく知っているんです」

cinematoday.jp/news/N0104902.a

東京国際映画祭もTOHOシネマズだし(これはマイレージにはならない)、ほんとにTOHOシネマズに居すぎだ。

わたし、TOHOシネマズに居すぎでは?

映画1分ごとにマイレージ1ポイントで、6000ポイント貯まると1ヵ月フリーパスになる。毎年交換してるので、毎年6000分映画をTOHOシネマズで見てることになるんだけど、だいたい1作品120分として、50本を有料で見てるということだ。TOHOは6本見るごとに1本無料鑑賞できるので、実際はもっと多く見てる。そしてフリーパスでは毎年10~12本見てる。

明日は何も予定のない休みだが、また映画を見に行ってしまいそう。TOHOシネマズのマイレージが貯まり、1ヵ月フリーパスに交換できるのだ。

イクラを自宅で漬けると豪快に食せる。写真は昨日の昼。今夜は丼にした。そしてまだある。

@skoji その対立もあるし、手話自体が「恥ずかしいもの」とされてたときがあったとか。ろう学校が口話に力をいれてたのも、聴者の世界で目立たないために、聴者にとって便利だから、というのも理由にあるみたいです。なんだかなあ…とため息がでました。

カザフスタンの手話映画見たときは来日したろう者の俳優がロシア手話で話してて、それを英国→日本語に通訳してもらったし、ブロードウェイやウエストエンドのミュージカルの野外イベントにはほぼ毎回歌詞を手話通訳する人がいるのも知っていたから、それくらい広く認知されてる言語なんだなと思ってたから、「禁止されてた」と聞くと「なぜ!?」ってなったわ。

「ヴァンサンへの手紙」というフランスのろう者のドキュメンタリー映画を見た。ろう者のコミュニティや、手話か口話かの教育問題や人工内耳手術の是非、ろう者アクティビストのデモ行進や、ろう者の舞台(専用劇場もある)や手話詩のパフォーマンスなど盛りだくさんの内容で、そして初めて知ることも多く、たいへん驚いた。
まず「手話法は口話法よりも劣る」とされ、フランスでは130年もろう学校で手話を教えることが禁止されていたということ。手話は言語のひとつだと思っていたので、日本でもその手話禁止の傾向はあったと、鑑賞後に購入したパンフレットにも記事があり、さらに驚いた。

いまほんとに全身どこ切り取っても健康!という感じなので、睡眠は無料のアッパーなドラッグ。

我が家、突然歌ったりするのは日常なので、よく聞く「ミュージカルは突然歌いだすのが不自然」という言説には納得いかない。
むしろ、ふつうの演劇を見てると「なぜこんなにずっと話してるのか?」と思う。感極まったら歌いだして踊りだしてほしい。

今朝なんて、夫とともに「まーどを開けましょ るるーる 呼んでみましょう サザエさーん♪」と古いサザエさんの歌をフルコース歌いきった。迷惑なくらい元気。

思春期からずっと夜更かしで、若い頃はちょっとした休みがあるとすぐに昼夜逆転生活になってたのだけど、今年2月から生活時間を変えて23時就寝、6時には起きるようになったら、ちょっと迷惑なくらい朝から元気!朝から満面の笑顔とか、腹から声出してるような人々を「正気か?」と思ってたけど、あの人たちはこういう生活をしてたんだろうなと腑に落ちる。

母親がテレビでよく見る若い俳優やアイドルの顔と名前を覚えられないのを、子供のわたしは信じられない気持ちでいたのだが、まあ、わたしもそうなってる。老化のひとつなのかしら…

明日から5日間、新文芸坐は「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」と「I, Tonya」をかけるんだね。shin-bungeiza.com/program.html
どちらも女性スポーツ選手の実話をもとにした映画で、面白かった。
そしてわたしは、それぞれの主演のマーゴット・ロビーとエマ・ストーンをよく見間違う。この二人にさらにミラ・クニスも間違う。並べられても正しく誰か当てられる気がしない。マット・ボマーとヘンリー・カヴィルも見間違う。

Show more
Bookwor.ms / 本の虫

Scroll down for the english version.

Bookwor.msは本好きのためのインスタンスです。

話題は限定していません。本に関係ないこともどんどん書き込んでください。リモートフォローもどんどんしちゃってください。のんびり楽しんでいただけるとうれしいです。

サービスの継続やデータ保存の努力はしますが、個人で運営しているため保証はできないことをあらかじめご承知ください。何かサイトに問題があれば@skojiまたはskoji@mac.com、あるいは twitter: @skojiまでご連絡ください。

当インスタンスのガイドラインはこちらです。

Bookwor.ms is an instance for book lovers. You can toot about books or topics unrelated to books. We hope all participants enjoy tooting on this instance.

The guidelines of this instance. If you have any problem with this instance, feel free to contact @skoji, skoji@mac.com or Twitter: @skoji