昨夜みた夢

公民館の二階で読書会をやっている。一冊の本を少しずつ読む輪講方式。予習をしてないので足取りが重い。雨の中を妻と公民館へ向かうと、知人が途方に暮れている。聞けば、課題本が『ゴーメンガースト』に変更になったとのこと。急に言われても困る。それになぜいきなり二巻からなの?

→「何かよく分からないけど、新しいもの」に触れたような気がした。きっとゼラズニイの『わが名はコンラッド』やディレイニー『アインシュタイン交点』を初めて読んだ当時の読者は、きっとこんな気分を味わったのではないだろうか。あるいはニューウェーブSFを初めて読んだ読者は自分と同じように、「よく分からないげど、すごいことが始まった」と感じたのではないだろうか。
極めてSF的な装いと裏腹に、語られている内容はとても文学的な香りがする。(エコロジーとレインボーカラーに彩られたオルフェウスか、もしくは『ロミオとジュリエット』とでも言えばいいだろうか。)ここまでくると、あとは単に好みの問題ではないかと思えてくる。SF的な感性が古い自分には十分に愉しめたかどうか心許ないが、気持ち的には高く評価したい。こんな作品が世の中にどんどん出てくるなら、20年後のSFはかなり今とは違ったものになっているかも知れない。

Show thread

アマル・エル=モフタール&マックス・グラッドストーン「こうしてあなたたちは時間戦争に負ける』(新⭐︎ハヤカワ・SF・シリーズ)読了。山田和子訳。ヒューゴー賞/ネビュラ賞/ローカス賞/英国SF協会賞という四冠を獲得した話題の中篇。「時空の覇権を争う二大勢力《エージェンシー》と《ガーデン》の工作員レッドとブルーが、思いがけないきっかけで"手紙"を交わすようになる」という設定だけを読むと、往年のSFファンならライバー『ビッグ・タイム』やベイリー『時間衝突』(もしくは『時間帝国の崩壊』)などをイメージするかも知れない。最初は自分もそんな感じで軽く読み始めたのだが、なかなかどうして、結構な読み応えだった。
起承転結で譬えるなら、「起」の後に三分のニぐらいまではひたすら「承」が続き、まるで「起承承承承承」のように感じる。描写は美しく意外性もあるのだけれど、単調にも思えるやり取りにいい加減飽きてきたころ、やっと物語に変化が現れる。そして「おおっ」となったところでいきなりのラスト。何となく起承転結の結がなくて「起承転」で終わったようにも思えたのだが、読み終わってみて改めて考えると、→

おはようございます。エアコンが直ったので快適に寝られました。姫に起こされけど二度寝します。

昨夜も寝にくかったし、今日も疲れたのでそろそろ寝ます。おやすみなさい……🌙

おはようございます。エンタテイメントの、権力の走狗としての機能は忘れてはいけないと思いましたね。コロナの状況とか災害とか政治腐敗のこととか、目をくらまされてはいけないです。

心穏やかに寝ます。おやすみなさい……🌙

開会式の様子がTLに流れてくるんだけど、なにこの羞恥プレイ。国民として恥ずかしい……

五輪とかブルーインパルスに興味のある人が知り合いに居なくてよかった。

三つのリングは、空の下なる財界の王に、
七つのリングは、政界の君に、
九つは、死すべき運命の庶民の子に、
五つは、暗き御座の会長のため、
影横たわるジパングの国に。
五つのリングは、すべてを統べ、
五つのリングは、すべてを見つけ、
五つの指輪は、すべてを捕らえて、
くらやみのなかにつなぎとめる。
影横たわるジパングの国に。

五つのリングにはバッハの邪悪な力が込められているため、候補地の裏をかいたり危険を呼び寄せたりする。
スガヨシヒデの破滅のもとになったため、別名「スガヨシヒデの禍」とも呼ばれている。

Show thread

五つのリングをエトナ火山に捨てに行く『五輪(いつわ)物語』というのを思いついた。

おはようございます。オリンピックのせいでいらないストレスを抱えています。

(これだけオリンピックのぐだぐだを見てしまうと、日本は戦争なんてもう出来ない国だということが可視化されていて、ある意味ほっとしてしまうところがあったり。)

おはようございます。朝から蝉の声。ずっと33℃ですねえ。

『石川淳随筆集』おもしろいけど硬い。ときどき辞書を引かないと分からない言い回しが出てくる。だいたい漢文的な知識。基礎的な教養の違いを感じるなあ。話題はとても興味深いのだけれど。

『石川淳随筆集』おもしろいけどもうすぐ昼休憩が終わってしまう……

全くもって開会式が親父の命日の22日じゃなくてよかった。

:twitter:​がいろいろとつらいので愉しいことだけ考える。
本屋に届いたので取ってきた。ジャン・レー/ジョン・フランダース『マルペルチュイ』。予想より遥かに大きくてぶ厚かった。きれいな装丁だねえ。

Show older
Bookwor.ms / 本の虫

a Mastodon instance for book lovers.