どうして日曜日の朝からノイズまみれのスピーカーで町内会のゴミ回収のお知らせをするのか。

今が真夏のいちばん暑い時期だったら許す(来月はもう秋だよね)

即撤退しそうだ。ダンケルクになったらめっけもの。

巨大プロジェクトを成功させるのはアメリカ人が得意のような気もします。今の日本国首相に最適な人物は連合軍総司令官アイゼンハワーとか?

政府がマンハッタン計画みたいな徹底した組織性でやったらまだ違うのかもしれないけれどそれには程遠いお粗末ぶり……
これは本当に第2のインパール作戦ですかね。こんなところに国民性の最も悪い部分が出そうだ……

既に疲弊しきっている医療の現場がもうアウトになるでしょう。全国に広がるだろうけれど、特に東京はとんでもないことになるのでは。大阪の比ではなくなるかも……

「声をあげるべき」という表現はよくされるけれど、この事態は本当に多くの人命がかかっていますよ。誰が言うべきか、やっぱり野党の政治家じゃないか。国会論戦とかではもうどうにもならんでしょう。

Apocalypse Now …
これは本当に8月半ば以降阿鼻叫喚地獄になる……

「僕はうなぎ」「キミはうなぎだったのか!?」

日本語を外から見ようとする(日本語を母語としない人が日本語で創作し日本語の特徴を考える/日本語を母語とする人が海外で外国語で創作することを通して日本語を振り返る)作家たち––リービ秀雄、温又柔、多和田葉子––はずっと気になっている(なら読みましょう)

現首相は前任者たちと比べてもいっそう冷酷だと思う。ネゴシエーションではなく権力で組織を操作するやり方と冷酷さはかつての共産圏の独裁者と似たものを自分はどうしても感じてしまう。

開催後感染急拡大したら(=死者、重症者が急増)政府は責任取ってくれるか? もちろん取ってくれる筈もない。政府というよりスガは、自分の政治的延命のために一か八かの博打を打つ訳だ。無論犠牲にされるのは国民と参加国の選手・役員の生命と健康になる。7月末までに高齢者へのワクチン接種が済み各国選手役員も接種が済んでいれば問題ない筈と本気で思っているようなのは、今までの遣り口を思えば驚きはないが、そもそも多数の(多数の!)人命を危険に晒す可能性があることになんら躊躇いを見せず突き進む冷酷さはもっと指摘されてもいいのではないか(まだ全然足りないと思う)

Stormtrooper は Sturmabteilung (突撃隊)になぞらえているんですかね。

iPad mini3のバッテリーがだいぶヘタってきた。そろそろ買い替えどきか。だが今年は新MacBookを買う予定だし両方同時更新は浪費だろうか。でも辞書端末となっているiPadが高速化すると、辞書を引くのがうんと楽になるだろうなあ。最近リミッターが外れ気味の本・CDの購入を控えて貯金すればいいのか。そうかそうか(無の境地)

遅い時間のお話はこっちも興に乗って話す場合と相手が普段なかなか聞く機会のない内情を話してくれる貴重な情報収集の機会の場合とあって大概両方セットになるので長くなる。

エネルギー枯渇気味なのはやはり遅い時間までお話しする日が続いたからだろうなあ。あとあれか、でっち上げ口先仕事の仕込みか(例によって締め切り直前に尻に火がついてどたばたやる)

Show older
Bookwor.ms / 本の虫

a Mastodon instance for book lovers.