Follow

「エコラリアス 言語の忘却について」*ほぼ*読了。つまり理解できないところはとばして読んだ。「我々はバベルの塔崩壊の生き残りで、崩壊以前の記憶を失っている。」という寓意を追求した本(らしい😎 )。
「言語」について考え直すことが出来たのでオモシロかった。4600円なので市立図書館のお世話になったが、ありがたかった。

Sign in to participate in the conversation
Bookwor.ms / 本の虫

a Mastodon instance for book lovers.